過敏性早漏とはどんなタイプの早漏?

早漏と一口に言ってもその種類は様々ですが、10代や20代に多いタイプが過敏性早漏です。
ペニスが敏感であることが原因で起こるタイプで、ペニスにちょっとした刺激が加わっただけで射精してしまうという特徴があります。

本来、射精は性的な刺激が脳に伝わってから行われるものなので、ペニスが刺激を受けただけですぐに射精してしまうことはありません。
しかし、過敏性早漏の方の場合、性的な刺激が脳に伝わる前に脊髄にある射精中枢が反応してしまうため、ちょっとしたことですぐに射精に至ってしまうのです。

また、過敏性早漏は、マスターベーションを早く済ませるのが習慣化してしまっている方や包茎の方に多いとされています。
包茎の方は、通常時に亀頭が包皮に覆われているため、亀頭が刺激に対して慣れていないことで過敏性早漏になりやすくなります。
そのため、包茎手術を受けることで症状が改善するケースも少なくありません。

過敏性早漏は市販の安い早漏治療薬で防止できる可能性がある!

過敏性早漏を治すためには、包茎手術を受けたり亀頭に薬剤を注入して刺激への耐性を強化したりする必要があります。
加えて、早漏治療薬を服用するのも有効ですが、単に早漏を防止するだけなら市販の安い早漏治療薬を使用するという方法もあります。

市販の安い早漏治療薬は、塗り薬やスプレーなどの外用薬で、リドカインやベンゾカインといった成分が配合されているのが一般的です。
リドカインやベンゾカインは局所麻酔薬にも使われている成分であるため、ペニスに塗布することで感覚が鈍くなり、性的な刺激を受けても射精しにくくなります。

そのため、手軽に早漏を防止したいという方におすすめですが、使用しすぎると勃起自体が起こらなくなる可能性があるため、必ず用法用量を守って使用することが大切です。
また、コンドームを使用せずに膣に挿入すると女性の感度も鈍くなってしまうため、塗り薬やスプレーなどの市販の安い早漏治療薬を使用する際はコンドームを装着することも大切です。
なお、コンドームの中には、内側にリドカインやベンゾカインが塗りこまれたものもあるので、このようなコンドームを使用するのも良いでしょう。

まとめ

早漏には様々なタイプが存在しますが、ペニスが刺激に慣れていないことで起こるのが過敏性早漏です。
過敏性早漏は性行為の経験を重ねることで改善するケースもありますが、包茎の方の場合は包茎手術を受けるのも有効です。
加えて、亀頭に薬剤を注入する治療法や早漏治療薬を服用する方法もありますが、手軽に早漏を防止したいのであれば市販の安い早漏治療薬を使用するのも良いでしょう。
市販の早漏治療薬には、局所麻酔にも使われる成分が配合されているため、ペニスの感覚が鈍くなって射精までの時間を延ばすことが可能です。

おすすめ:

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。